T's会計ロゴ

所長

 

会長からの一言

当事務所では、お客様の期待に応えるべく、日々変化している今日的環境の中において今の状態で事足りるとせず、お客様への「感謝の心」を持ち、絶えず研修に励みお役に立てるように心掛けております。以下にその一端を記します。

 

その1・・・所内研修の充実と実施

“企業は「人」なり”と古くから言われていますが真にその通りです。

当事務所も「人」があって初めてお客様にお役に立てる集団であり続けられるのであり、その為自ら研鑽を続ける所存です。

 

その2・・・毎月の巡回監査の完全実施

お客様とのコミュニケーションを大切にしたいとの動機付けと、信頼される決算書の作成を目指す故です。

 

その3・・・電子申告の推進

平成18年1月より、全てのお客様の申告を「電子申告」で行うことといたし、実践しています。 紙から電子への時代の流れの中で、一歩でも二歩でも時代の変化をリードし、未来を見続ける事務所でありたいとの想いからです。

「便利なものは、便利に使って初めて便利」「コンピュータでテレビを見る時代ではなく、テレビ自体がコンピュータになる時代が到来しようとしています」

 

その4・・・書面添付制度の対応の更なる充実

お客様の税務調査における心労を少しでも避ける為にお役に立ちたく、税務署の実地調査省略を目指します。

 

その5・・・中小企業会計指針による理論武装

関係4団体において、平成17年8月に公表されましたこの指針が、今後の中小企業にとって一般に公正妥当と認められる企業会計の慣行になるとの確信のもとに、より研修に励む所存です。

5つ揚げましたが、中でも「その1」「その2」が基本中の基本。今日まで当事務所が存続発展してまいりましたのは、「その1」「その2」を地道に実践し続け、かつ、お客様にいただいたご協力、ご支援に対し常に感謝の気持ちを忘れずにやって来たからと自負しております。

会社は発展し続けなければなりません。しかし、その為に新商品ばかりに目を向け、新しいものだけを追い求め、「今日の会社を育ててくれた商品は何か」という事を忘れがちです。古いものを古いままにしてはいけませんが、新しいものだけを追い求めてもいけません。それでは会社がおかしくなります。古いものの中に新しさを求めていくという事が大切です。

『古くして古きもの滅ぶ、新しくして新しきものまた滅ぶ、古くして新しきもののみ永遠不滅』・・・・・この言葉を中核に据え、所員一同頑張ってまいります。